わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

変化球に変える

 五時四十五分起床。篠つく雨。終日の雨を覚悟したがあっという間に雨音は響かなくなり、コジコジのカゴ掃除と麦次郎の皮下輸液を済ませたころには青空が広がりはじめていた。とは言え雲は多く、気まぐれに陽が射したり曇ったり、空は曖昧な表情をだらだらと繰り返している。

 麦次郎、ウンコを五粒ほど猫トイレの外にこぼした。コジコジはカゴ掃除を書斎でやってあげたら怒らなかった。

 仕事。午前中はストレートの投球を変化球に変えるような仕事。

 昨日、松屋銀座で買ってきたパンで昼食。

 午後は別の案件。統計資料を読み込んだり、商品パッケージの注意書きなどを読み込んだり、と、ひたすら読むばかり。

 十六時三十分、整形外科へ。手首のTFCC損傷の治療。そのまま駅まで歩き、駅ナカのお店でお弁当を二つ買って帰宅。鶏そぼろ弁当と牛そぼろ弁当。夕食はこれを食べた。

 

↓定期購読している。創刊70周年記念の名作短篇特集。ようするに再録なのだが。なんと太宰の「トカトントン」まで掲載されている。

群像 2016年 10 月号 [雑誌]

群像 2016年 10 月号 [雑誌]