わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

中上健次『熱風』

 夏芙蓉の花の香り、金色の小鳥、と神話世界としての路地の象徴のように描かれていたものが再登場する。徐々に緻密でエネルギッシュな中上らしい描写もふえてきた。だが、もうすぐ終わる。というか、中断し断筆となってしまったところに近づいている。

 

 

千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection)

千年の愉楽 (河出文庫―BUNGEI Collection)

 

  

P+D BOOKS 熱風

P+D BOOKS 熱風

 
中上健次全集〈13〉

中上健次全集〈13〉

 

 

中上健次の作品はこちら。『岬』は特に好きな作品。