わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

佐伯一麦「山海記」(5)

「群像」2016年9月号掲載。

 豪雪のなか、すぐ横が崖になる道を進むバスのなかで、主人公は偶然電車で乗り合わせた盲人の青年との記憶を辿る。

 淡々とした(作中の、でもおそらく現実も同一の)事実の積み重ね。

 

 

群像 2016年 09 月号 [雑誌]

群像 2016年 09 月号 [雑誌]

 

 

 佐伯一麦の作品はこちら。