読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

止血の基本は圧迫

 六時三十分起床。麦次郎はご機嫌にコロコロしている。オシッコは失敗したがペットシーツでしっかりキャッチしたので問題ない。コジコジも問題なし。

 降ったりやんだり、ためらいがちの人のような空模様。妻は横浜元町「ゆめ猫」へ。ぼくは留守番。だらだらと本を読む。

 残り物で適当にパスタをつくって昼食。舌に何かできているのを気にして食べていたら舌を噛んでしまった。出血。ううう。だがよくあることなので気にせず食後に昼寝。目が覚めたら口の中に血の味が。鏡で確認すると、まだ止まっていない。十年くらい前だったろうか、舌を切って口腔外科で縫合した時の記憶が甦る。慌てて応急処置方法をネットで検索した。止血の基本は圧迫。それは舌でも同じなので、カーゼを患部に当て、上から指でしばらく抑えつづけた。三十分ほどでなんとか出血はストップ。傷口もふさがっているようだ。しばらく様子を見て、大丈夫そうなので恐る恐る歯を磨く。口に充満した血の味の不快感がこれでようやく消えた。傷口は今度も大丈夫。調子に乗っておはぎを食べたが、これも大丈夫だった。それなら、と雨も止んでいるようなのでランニングへ。石神井公園まで10kmほど、ちょっとだけ早めのペースで走った。蝉や蜩の声。しかし一方で、銀杏の実の香り。今はどの季節なのかがわからなくなる。渡りの準備中なのだろうか、燕の群れを見かけた。

 夕食はグリーンカレーの予定だったが刺激が強すぎて舌の傷口によくないと思い、和食系に変更。鶏肉、なす、インゲンを甘酢あんかけにした。よく考えたら甘酢も患部に染みる。ちょっと失敗。だが再出血はしていない。

 

 ↓こんなヤツを舌の上に乗せ、人さし指で上からぎゅーっと押さえつづけた。三十分も口に指を入れつづけていたことになる。バカみたいでしょ。

FC ガーゼ 10m

FC ガーゼ 10m