わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

もたもたの日

 五時四十五分起床。学生時代の夢を見たが、細かなことは一切覚えていない。途切れた記憶をなんとかほじくりかえそうと思いつつ、もたもたと身支度をしていたら、麦次郎がおしっこを例によって全部猫トイレの外にこぼした。

 夏日になるという。朝からその気配は感じられる。朝日も雲の表情も確かに秋だというのに日差しと気温は夏だ。暑さにいらだっているのか、コジコジは不機嫌だ。カゴの掃除をしようとすると、もたもたしていたせいだろうか、強く噛まれる。

 仕事。某案件の資料の読み込み。非常に面白い。

 義母がもってきてくれたちらし寿司で昼食。

 午後は不要になった資料をブックオフへ売却。二十冊近くあったので重い。夏のような暑さの中、もたもたと歩いて運んだ。吉祥寺経由で戻り、資料の読み込みを再開。暑い。

 夕食は北海道物産展で買った(けっこう高かった)モッツァレラチーズなどを使ってチーズトマトオムレツを妻がつくってくれた。うんめえ。

 夜はもたもたと超スロージョグで5km。アオサギ二羽。キレイな三毛猫を見かけた。柴犬が川沿いに積まれた土嚢の上にひょいっと飛び乗って威張っていた。

 

 ↓買ったのはコレじゃないけどね。