読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

子どもからジジイへ

 いつもどおり五時四十五分起床。曇天。ベランダの植物に朝イチで水をやる。カラッカラに乾いていた。乾燥しているのだろうか。

 麦次郎、目を離したスキにウンコをし、トイレの外にこぼしていた。コジコジはゴハン入れのなかに、大量に吐き戻しをしていた。インコの求愛行動。ゴハン入れに求愛していたらしい。カビるとまずいのですべて捨てて新しいゴハンに入れ替えた。

 先日ネットでポチッた新しいランニングシューズが届いた。ミズノのウエーブエニグマ5。実は、今メインで履いているものとまったくおなじで色違い。エニグマ6が出て旧バージョンが安くなったので買った。ニューモデル、ほとんど変わってなさそうなんだよね。

 仕事。某案件の企画。対象者が子どもなので、子どもになった気分で考えるのだが、子どもに返りすぎると仕事できなくなる。

 パンで昼食。

 午後はおなじ案件の、70歳以上を対象にしたプランを考える。年齢の振り幅が大きすぎて、わけがわからなくなってきた。

 夕方、切れ目のいいところで手を止めて整形外科へ。手首、まだ微かに痛みが残る。手をひねることはできるが、若干痛みがともなう。

 夕食は鮭のホイル焼き。秋だなあ。

 

 

f:id:catkicker001:20161011090350j:plain