読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

庄野潤三「プールサイド小景」

「群像」2016年10月号の短篇小説名作特集掲載。同誌の1954年12月号に掲載されていたそうだ。

 庄野潤三はたぶん初めて読む。読んだことあるかもしれないけれど、覚えていない、というレベル。まだそんなに読めていないのだが、今のところは、会社の金を使いこんで首になった男の悲哀、という感じ。自業自得じゃないか、というツッコミはせずに読みすすめている。

 

 

群像 2016年 10 月号 [雑誌]

群像 2016年 10 月号 [雑誌]

 

 庄野潤三の作品はこちら。