読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

夜空ノムコウ

 五時四十五分起床。昨夜の地震、大きな被害はなかったようだ。

 麦次郎、トイレでウンコしたがうまく出なかったらしく、あとから残りをラグマットの上にした。もう、ちゃんと快便してくれればなんでもいいや、どこにしてもいいや、と思っている。コジコジは問題ない。昨日は体調が悪かったようで糞が妙に水っぽくテンションも低めだったが、今日は絶好調だ。

 大掃除。なんとか午後には終わらせることができた。

 夜はS宅へ。Mさんも交えて猫好き仲間の忘年会。Nさんが参加できないのが残念だったが、Sさんが用意してくれたふるさと納税で買ったという四国のブリが絶品だった。長野の生こんにゃくも柚子風味でクセになる。

 星空がキレイだった。冬だなあ。たいしてSMAPに関心のないぼくでも、例の曲がアタマの中に自然と鳴り響いた。

 読書は、三浦雅士「言語の政治学」と長嶋有「もう生まれたくない」を、それぞれすき間時間に少し読んだだけ。

 

 

↓ブリ。香川だったかな、のふるさと納税でゲットしたそうだ。鍋にしても、刺身にしても楽しめた。

f:id:catkicker001:20161229184959j:plain

 

↓そのブリを鍋にした。豆腐は男前豆腐。わかめはわが家から鳴門のわかめを提供した。

f:id:catkicker001:20161229190446j:plain

 

 

↓柚子風味の生こんにゃく。長野の農家のおばちゃん特製。

f:id:catkicker001:20161229184904j:plain

 

↓Sさんがつくったスペアリブ。マーマレード、リンゴと一緒に焼いてある。豚肉がすばらしかったのでスペアリブ独特の脂っぽさがなくて、これまた絶品。

f:id:catkicker001:20161229183336j:plain