わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ぶち込んだのがよかったようだ

 六時十五分起床。平穏な朝。麦次郎もコジコジも、何のトラブルもない。

 午前中は冷たい強風。春一番の後に吹く、揺り戻しのような、冷たい冬の突風だ。風の強弱に合わせて、善福寺川の川面の波紋が複雑に揺れ動く。麦次郎が今朝は何度も外に出せとうるさかったが、あの波紋を見たかったのかもしれない。いや、通りかかるマンションの住民の皆さんにちやほやされたいだけかもしれない。

 妻は猫アートのグループ展(?)の会場へ。ぼくはお留守番。近所のスーパーで買い出しをし、ペペロンチーノをつくって食べてから(相変わらず乳化が難しい)、ちょっと気が早すぎるような気もしたが、夕食の準備に取り掛かる。「爆笑問題の日曜サンデー」を聞きながら圧力鍋で国産牛のスネ肉をしっかり煮込み、カレーをつくった。

 夕方、ランニングへ。足は問題なく動いている。整形外科医が問題視した索状物が悪さをすることもない。もちろん、念入りにウォーミングアップをした効果が出ているからかもしれないのだが。約7kmを、39分。5分45秒/km程度のスピード。悪くない。

 夜、妻が帰宅。鯛焼きを買ってきてくれた。皮が薄めで、うまし。写真に撮ればよかった。

 夕食はもちろんスネ肉のカレー。いい感じの仕上がり。冷蔵庫に残っていた串揚げ用のウスターソースをぶち込んだのがよかったようだ。あ、これも写真に撮ればよかった。

 

↓最近お気に入りのカレー粉。タマネギをアメ色になるまで炒めてから、これと煮込んだ肉のスープを混ぜてルーにする。 

ギャバン 純カレーパウダー丸缶

ギャバン 純カレーパウダー丸缶