読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

気まぐれのもと、気ままに

 五時四十五分起床。雨。だが身支度やら猫(ウンコをトイレの外にこぼしていた)とインコ(ゴハン入れの中にウンコとゲロをしていた)の世話やらをしているうちにすっかりやみ、青空が広がった。ピーカン、という言葉がふとうかんだが、あっという間に空は雲に覆われ、晴れ間がのぞいたり、途切れたり、をきまぐれに繰り返した。その気まぐれな空のもとを、ツバメたちが自由気ままに飛び交っている。

 午前中は通院。喘息の検診。問題はないが、半年に一度の血液検査を行うことに。

 戻って掃除を済ませてから仕事開始。昼食を挟み、夜までウンウンとうなりつつ考えつづけた。

 夜はランニングへ。7km。ボルゾイを何度か見かけた。このへん、多いんだよね。

 読書は仕事関連の本と、風呂で「週刊モーニング」の読み残しを少し読んだ程度。