読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

三浦雅士「言語の政治学(11) 詐欺と宗教と貨幣」

「群像」2017年6月号掲載。5月7日が発売日なのだが、GWなので2日に届いてしまった。というわけで、ちょいちょい読み進めている。

 司馬遼太郎の、興味は高く造詣も深いが決してそこにおぼれず一定の距離を保ち俯瞰して見つづけるという独自の宗教観のエピソードが、著者が主張しつづける視覚〜言語〜詐欺〜宗教に加わり、宗教による貨幣経済や町づくりへの影響(というか根源というか)についてが、ちょっと駆け足なのだがわかりやすく説明されている。

 

 

群像 2017年 06 月号 [雑誌]

群像 2017年 06 月号 [雑誌]

 

 

三浦雅士の作品はこちら。