わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

オノマトペ多め

 五時四十五分起床。麦次郎、今日も勧めるとむしゃむしゃ食べるが勧めなければ食べない、という状況がつづいている。食べる量は多いのだが、黒缶ばかりでドライフードには口を付けない。妻が記録を調べてみると、去年は夏の初めにこの状況が三日つづいた。とても心配というわけではないが、注意深く様子を見ておく必要はあるだろう。

 コジコジ、止まり木を交換したらゲロゲロしなくなった。環境が変わって緊張しているのかもしれない。

 仕事。某案件の企画書を、じわっとカラダを締めつけるような暑さと、じわじわっと戦いながら進めた。

 妻は高円寺「猫の額」での個展が最終日。撤収を済ませ二十一時過ぎに戻ってきたので、一緒に大戸屋でさささっと食事を済ませた。大戸屋は十五年ぶりくらいだと思う。