わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

急ではなかったのかもしれない

 六時起床。麦次郎、機嫌はよさそうだが、昨日がハイテンションすぎたのだろう、その反動らしく、今朝はいつもどおり、という感じ。きちんとオシッコもできていた。天気予報によると真夏日になるらしいので、温度管理をしっかりせねば。もっとも、朝の皮下輸液が終わるとわが家でもっとも涼しい玄関のタイルの上でパタリと横になっているだろうから、まあ大丈夫ではあるのだろう。

 コジコジ、求愛ゲロがますます増加傾向。気温上昇時に吐瀉したものが腐ってしまい、それを食べて体調不良、なんてアホみたいなことが起りかねないので、ゲロがカゴの床に溜まらないようにした。といっても、必ず敷いていた紙を敷かないことにしただけだ。床が網になるので、ゲロはその下のトレイに落ちる。毎朝、網掃除をしなければならなくなるのが手間ではあるが、まあ、仕方ない。

 午前中は掃除と買い出し。セロリ、キュウリなど、夏っぽい野菜をいくつか。

 冷たいうどんで昼食後、仕事。予定していたところまで終わったので、あとはひたすら、ためこんでいた洗濯済みのシャツにアイロンをかけつづけた。

 夕食は妻が牛肉とトマトとセロリの炒め物をつくってくれた。そしてサラダ。さらに、義父が大量に持ってきてくれたトウモロコシ。腹いっぱいだ。

 読書は少しだけ「群像」7月号を読んだ程度。瀬戸内寂聴の「いのち」が最終回。寂聴が亡くなるまでつづきそうな勢いだっただけに、ちょっと残念。

 

 

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

 

 瀬戸内寂聴の作品はこちら。

 

 

 そういえば、妻が面白いことに気づいた。麦次郎の脾臓の腫瘍、ここ数日で急にできたので悪性の可能性がある、と獣医師からは言われているのだが、そうじゃない可能性が出てきた。妻のツイートを引用。

 あれ?麦次郎、半年くらい前から「左の腎臓ちょっと腫れてるけど、右側の分カバーして頑張ってるのかな」って言われてたんだった。でも、完全に萎縮してるのは左の方。もしかして脾臓触って腫れてるかもって診断されてたのかな。だったらいいな。少なくとも急激に大きくなったわけではないってこと。

 

↓またまた再掲。冬です。

f:id:catkicker001:20170404234339j:plain