わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

水を飲んで本能的に

 六時十五分起床。曇天。麦次郎、早朝からゲロ。腎不全や脾臓腫瘍が原因のものではなさそうだ。食欲の衰えはない。といっても、高齢だから全盛期の半分くらいしか食べてないかもしれないのだが。今日はよく水を飲んでいる。腎臓の機能の衰えを、大量に水を飲んで本能的にカバーしているのかもしれない。時々脱水気味になるからなあ。今日ももちろん皮下輸液は行った。160cc。

 コジコジ、今朝はちょっとフレンドリー。発情が思いきり指を噛まれた数日前よりは和らいでいるのかもしれない。

 終日仕事。知育がらみの案件。ぼくら夫婦には子どもがいないから、ぜーんぜん実感のないまま考えている。日曜だが、もう土日とか関係ないよな、と割り切って作業。昨日アイロンがけする時間を確保できたし、ランニングもできているから、それだけで満足。

 というわけで、夜は走った。11kmを1時間。梅雨のおぼろ月。猫を何度か見かけた。読書はまともにはできなかったなあ。

 

↓食事の後はきちんとお手入れ。こういう習慣が残っているということは、まだまだ元気、と解釈している。

f:id:catkicker001:20170611232657j:plain