わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

堀江敏幸「二月のつぎに七月が」(3)

「群像」2017年7月号掲載。

 ある登場人物が珠算塾の手伝いをするエピソードは、よくわからないがぐいぐい引き込まれてしまった。ある種のノスタルジーなのだろうが、それだけでは済まされない文章の息遣い、地味でソフトな内容ゆえの、攻撃的な文章には出せない独特の強さ、のようなものがある。

 

 

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

 

 

堀江敏幸の作品はこちら。