わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

橋本治「九十九歳になった私」(10)

「群像」2017年7月号掲載。

 仮死状態になっていたカナブンに憧れを抱く語り手のじいさん(≒橋本治本人)と五十歳のゆとり世代のズレまくった会話、そしてさりげなく描かれるディストピア東京。こわ。

 

 

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

群像 2017年 07 月号 [雑誌]

 

 

橋本治の作品はこちら。