わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

こんなのはじめて/残念な保険外交員

 今朝も五時三十分起床。微かな雨音と梅雨の息苦しい蒸し暑さが早朝から感じられる。

 麦次郎、皮下輸液170cc。最近は降圧剤も飲みつづけている。コジコジは機嫌が悪い。換羽のせいか、空模様のせいか。

 午前中は築地で打ち合わせ。

 午後、荻窪に戻り銀行で納税など事務処理を済ませ、荻窪ルミネのレストランフロアにあるきしめん名古屋コーチンの専門店で親子丼・きしめんハーフ&ハーフを食べる。全然ぺらぺらじゃない太くてしっかりした麺にかつおをがっつり効かせて炭火で焼いた名古屋コーチンが香ばしい濃厚なきしめんに驚愕。こんなのはじめてだ。

 午後は仕事。プレゼン案件だの緊急な方向転換への対応だの、何かと慌ただしいのだが、そんな状況に日本生命の外交員にアポなしでいきなり来られて非常に腹が立った。自宅兼事務所でやっていて日中は忙しいのをわかっているはずなのに、無神経にこういうことをしてくる。ホンキで怒ってしまったので対応しなかったら、ドアの新聞とかを入れる口(なんて名前だろう?)から提案書とパンフレットをどさっと入れて帰っていった。そこには麦次郎が寝てるんだっつーの。目が覚めるくらいはいいとして、この子は癲癇持ちで、軽い衝撃が引き金になって発作を起こすことがあるんだよ。って、そんなことしったこっちゃないんだろうが、それでも怒りは収まらない。以前も契約内容の確認といって(この時はアポがあったが)尋ねてきた時、少しついでに営業されるだろうな、とは思っていたものの、こちらの話はほとんど聞かず、おかまいなしに自分の売りたい保険の話をものすごい押しの強さでベラベラと説明してくる、その無神経さに腹を立ててしまったことがある。絶対にアポなしで来るな、平日昼間は来るな、売りたきゃ土日にでも来い、土日も仕事してることは多いけどな、会社に土日動くことが禁じられているなら、ウチに売るのは諦めろ。土日に来たところで絶対に契約なんかしないが。そう言ってやろうかと思い夕方にクレームの電話を事務所のほうにかけたら、午後三時までの対応、という自動音声が流れてきた。怒り倍増、ではなく、呆れた。こういう体験の積み重ねが、信頼関係を壊して、ブランド価値もどんどん下げていくんだよなあ。いやな思いをしたらお客様は逃げる。昨今ネット通販が人気なのは手軽さや安さだけが理由じゃないことは、小売店の人よりも保険外交員なんかのほうが、よーくわかってると思うのだが。顔を合わせて嫌なことをされたら、その人とはもう会いたくなくなるんだよ。残念だ。

 二十時過ぎ、状況が落ち着いたので店じまい。土曜は休めそうだが、日曜は働く。そして、そろそろランニング再開だな。

 

f:id:catkicker001:20170630133537j:plain