わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

多和田葉子「地球にちりばめられて」(9)

「群像」2017年8月号掲載。

 母国を失い、自分だけの即席言語を話すようになった女Hirukoと、多くの人を裏切るように生きるうちに母国が失われ、それを知ってか知らずか、母語はおろかすべての話し言葉を失ってしまった男Susanoo。二人の出会いは、お互いの言葉にどんな作用をもたらすのか。

 

 

群像 2017年 08 月号 [雑誌]

群像 2017年 08 月号 [雑誌]

 

 

多和田葉子の作品はこちら。