わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

保坂和志『地鳴き、小鳥みたいな』

 最新短篇集、ということになるのかな。

「夏、訃報、純愛」。世話になった知人の学者の死が引きがねとなって、保坂和志自身らしき語り手の、回想と思考の暴走がはじまる。無宗教の友人の葬儀と、猫の葬儀。両者がよく似ているというのは、よくわかるなあ。そして、言語認識と記憶の問題。

 

 

地鳴き、小鳥みたいな

地鳴き、小鳥みたいな

 

 

 

保坂和志の作品はこちら。