わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

見えない朝日

 四時三十分、猫の世話で起床。二度寝し、五時三十分起床。曇天。膨らみがはっきりわかる大きな雲が重なりあいながら広がっている。その重なりからたまたま漏れたすき間から、黄金色の朝日が覗いている。麦次郎、朝から外に出せとうるさいので出したのだが、ほぼ視力がない状態でも(時折見えたりしているらしいのだが)、この朝日はしっかり感じられるのだろう。コジコジは換羽がいよいよピークらしい。朝日はあまり気にしていないようだ。

 妻が今日から相模大野の伊勢丹の催事のため、早朝から外出。ぼくは掃除したり洗濯物を干したり、と一通り家事を済ませてから(掃除はぼくの担当なのだが、洗濯は妻担当なので、少しだけ仕事が増えた)、仕事。陶芸家や彫刻家などの作品集を見たり、評論を読んだり、評伝を読んだり。イサム・ノグチの評伝、まだ上巻の半分も読めていないのだが、おもしろい。ノグチの父・野口米次郎のゲスっぷりと、母・レオニー・ギルモアのまっすぐな生き方の対比。すごいなあ、と思ったら、中村獅童主演で映画化されていたので納得。

 

イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)

イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)

 
イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者

イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者

 

 

 時間に余裕があったので、平日だが夕食はつくった。ピーマン・にんじん・玉葱と牛肉のオイスターソース炒め、もやしとキュウリの中華サラダ。