わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

保坂和志『地鳴き、小鳥みたいな』

 表題作、読了。なぜかラスト前に組み込まれている男をダメにしてしまう女のエピソードは、内容だけでなく、その軽妙でテンポのよい文体がおもしろかった。そしてラスト、おかしな迂回エピソードが、突然、いや偶然なのか、「母の実家」というこの短篇の中核をなす存在に、急に収束されていく。この奇妙なスピード感もおもしろい。単調につづいていた作品世界が、突然急カーブを描くような感じ。

 

地鳴き、小鳥みたいな

地鳴き、小鳥みたいな

 

 

保坂和志の作品はこちら。