わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

回復から再開へ

 夜中、葵が廊下をドタバタと走り回っている。猫は夜中に運動会をする。夜に運動会するのは墓場の妖怪だけでいいです。

 五時三十分起床。のどの痛みはほぼ消えたが、軽い咳と鼻水がしつこく残っている。

 仕事。たっぷり睡眠をとったからか、回転がいつもより速い気がするが、気がするだけなのだろう。

 十七時三十分、業務終了。妙な疲労感。脳みそがカラカラと音を立てているような感覚。モノを考えられず、活字を目で追うのもしんどい。夜はゆっくり休んだ。

 ほぼ万全になったら、トレーニングを再開。読書もスタートさせよう。

 

 

↓コピー/プリンタ複合機の排紙トレイのスキマにいた。小柄だからどこにでも入っていく。水みたいなもんだ。

f:id:catkicker001:20171218230758j:plain

 

↓インコのコジコジといっしょにゴハンを食べるのがマイブームだそうだ。

f:id:catkicker001:20171218230914j:plain