わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

鷲田清一『素手のふるまい』

 ある女性写真家の、集落との関係づくりによって成り立つ写真作品の紹介の部分(プラスα)を読んだ。

 資本主義という社会システムにおける芸術のあり方、あるいは社会への芸術の関わり方。アートという概念の拡大とボーダーレス化(価値のダウンサイジング、という見方もあると思うけれど)という状況において、貨幣経済の一部、等価交換に取り込まれる対象、経済行為としての側面は薄れてゆく。犠牲や贈与の相互化によって成り立つ芸術。しかしそこには社会システムにおける経済的な支援が欠かせなくなる。うーむ。

 

 

素手のふるまい アートがさぐる【未知の社会性】
 

 

amzn.to