わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

「おせちはまずい」と言っていた

 五時四十五分起床。冷え込みの厳しい朝。猫の葵、昨夜は大騒ぎしていたが今朝はは妻の布団の上で丸くなっている。

 十時、妻と出発。荻窪ルミネで買い物してから、古河の実家へ。父に、最近農業引退した方からいただいたという家庭用耕運機を見せてもらう。少し会食してから散歩を兼ねて雀神社へ。後輩のやっている老舗の甘露煮屋にも顔を出した。往路も復路も電車がひどく混雑していて辟易。

 十九時、帰宅。夕食はおせちを離れてピザとサラダ。そういえば、小田嶋隆がラジオで「おせちはまずい」と言っていた。そうは思わないが、飽きやすくはある。

 読書は古川日出夫「おおきな森」を少しだけ。

 

↓雀神社とその裏の土手。この先は渡良瀬遊水池。

f:id:catkicker001:20180102234605j:plain

f:id:catkicker001:20180102152053j:plain

f:id:catkicker001:20180102152359j:plain

 

田中正造の記念碑。前も写真載せたけど。絵は鬼気迫るモノがあるが、たぶん地元の素人が描いたんじゃないかな、って感じ。

f:id:catkicker001:20180102152531j:plain

f:id:catkicker001:20180102152543j:plain

f:id:catkicker001:20180102152540j:plain