わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

二度転ぶ

 五時四十五分起床。48年ぶりの大寒波らしい。確かに寒い。

 朝イチで某案件をメールで納品してから銀行へ。25日だというのに空いている。路面の凍結が激しいせいだろう、高齢者が少ない。パンを買って帰宅。帰り道、起伏の激しい日陰でスリップした。

 午後は少しだけ書斎で作業してから外出。後楽園で打ち合わせ。打ち合わせが終わり立った瞬間、テーブルの脚に自分の足を引っかけて転びかけてしまった。

 読書は「週刊モーニング」だけ。

 

▼葵の甘えっぷりが激しい。気まぐれだが、花子のようなツンデレ感がない。まだ子どもだからだろうか。

f:id:catkicker001:20180125232453j:plain

 

▼全力で無鉄砲に遊びまくる。だが、いつの間にか寝ている。

f:id:catkicker001:20180125232457j:plain