わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

泥棒猫、というより強奪猫

 寝違えの痛みであまり眠れず。昨夜はファイテンのネックレスを付けたまま寝たのだが、効果がなかったのか、それとも寝相が悪かったのか。

 

ファイテン(phiten) ネックレス RAKUWA ネックX50 ブラック 55cm

ファイテン(phiten) ネックレス RAKUWA ネックX50 ブラック 55cm

 

 

 五時四十五分起床。気づけば葵がそばにいる。お腹が空いているようだ。だが廊下を全力疾走するくらいの元気はあるらしい。

 仕事。某案件のコピーを仕上げてから別案件の企画書づくり。某プロジェクトの打ち上げのお誘いメールをいただいたのだが、会場が全面喫煙可だったので喘息発作で迷惑をかないよう丁重にお断りした。喘息が発病して以来、たばこ恐怖症、居酒屋恐怖症、完全分煙のない飲食店恐怖症になってしまった。ランチタイムは完全禁煙の店が増えたので助かるが、夜はそうはいかない。夜に外食する機会が激減した。

 夕方、三十分ほどウォーキング。筋トレしたいのだが、首に負担がかかるのでウォーキングとエアロバイクでごまかしている。

 夕食はほっけを食べた。うまし。妻がコジコジ伊予柑をあげたら、葵が奪いにかかった。泥棒猫、というより強奪猫だ。

 

 

 読書は大澤真幸「〈世界史〉の哲学 近代篇」。小説の起源。これが資本主義のルーツにもつながっていくようなのだが、 まだそこまで読めていない。

 

 

群像 2018年 03 月号 [雑誌]

群像 2018年 03 月号 [雑誌]