わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

帰ってきたのか。

 ニャン・ニャン・ニャンで猫の日。そして愛猫・花子の命日でもある。もう三年になる。いまだに写真を見れば話しかけてしまう。つい花子の面影をあちこちに探す。ま、昨夏に亡くなった麦次郎やおととしの冬に亡くなったぷちぷちもそうなのだが。今日は葵がゆで卵をキッチンから盗んだ。その盗みっぷりがあまりにも花子っぽくて、笑ってしまった。しばらくの間、葵は花子が乗り移ったかのような、いつもとはまったく違うふるまいをつづけた。本当に、天国から一瞬だけ帰ってきて葵の体を借りていたのかもしれない。

 小雨の朝。午前中は税理士の事務所で打ち合わせ。午後は書斎で作業。

 

f:id:catkicker001:20180222233431j:plain

 

f:id:catkicker001:20180222233449j:plain