わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

やかん

 五時四十五分起床。暖かな朝。しかし心地よいわけではない。目がかゆい。スギ花粉にはほとんど反応しない体質なのに、このありさま。ちょっとアレルギーが過敏になっているようだ。喘息発作を気をつけねば。身支度後、すぐ空気清浄機を強に切り替え、床用のクイックル(みたいな床モップ。ウエーブってヤツ)で床を拭いた。

 仕事。某Webサイトのワイヤーフレーム作成を黙々と。Amazonで購入した、パック入り野草茶を沸かすためのヤカンが届いた。パール金属というメーカーのもので、上蓋の口の部分が広いタイプ。1,200円くらい。広口タイプは、ヤカンというより注ぎ口のついた鍋という感じ。出汁を取るのにも使えそう。

 

 

 昼頃から雨。低気圧でアレルギーが過敏になった、ということもあるのだろう。だが、目がかゆかったのは朝のうちだけだ。

 ワイヤーフレームの作業は夕方には終わったが、メールで大量に届いた資料の整理で二時間ほどかかってしまう。結局、いつも通り二十時に業務終了。

 夜、膝の上に乗ってきた葵と遊んでいたらガブリとかまれた。いつもは甘噛みだが、よほど興奮したのか、おもしろくなかったのか、ちょっと力を入れてきた。

 読書はドウス昌代イサム・ノグチ』。読んでたら五分で寝落ちした。すぐ起きたけど。

 

イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)

イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)

 
イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者

イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者

 

 

 

▼妻が仙台個展の会場を提供してくださった「またたび堂」さんで買ってきた鍋敷き。右上に移っているのは、葵の手。

f:id:catkicker001:20180306085749j:plain