わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

蛭子能収の物語

 六時二十分起床。晴れ。こどもの日。この日も天気が崩れることは少ないのではないか。文化の日や、旧体育の日(十月十日)などがそうだったと記憶している。年ごとの、大気の大きな流れやら、地球への太陽光の注ぎ方の変化やら、そういったものが複雑に関係した結果、統計的にこんな結果が出ているのだろう。

 掃除を済ませ、仕事。某案件の、Webサイトのワイヤーフレームづくり。

 夕方、少し時間ができたので読書。鷲田清一『素手のふるまい』をようやく読了。

 太川陽介蛭子能収の「乗り継ぎバスの旅」の総集編特番を観ながら夕食。視点を変えると、これは蛭子さんが常識と順応力を身につける経緯の物語だ。ということは、蛭子さんがつまらなくなる物語、ととらえることもできるのだけれど、そうならないのがすごいな。

 夜はランニングへ。11kmを1時間ちょい。いつもより少しゆっくりめ。

 

 

復活版 地獄に堕ちた教師ども

復活版 地獄に堕ちた教師ども

 
蛭子能収コレクション 地獄を見た男?地獄編?

蛭子能収コレクション 地獄を見た男?地獄編?

 
蛭子能収コレクション 鼻は詰まった?病気編?

蛭子能収コレクション 鼻は詰まった?病気編?

 
蛭子能収コレクション 美しき死体?SF&ミステリー編?

蛭子能収コレクション 美しき死体?SF&ミステリー編?