わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

レトルトとコメ

 五時五十分起床。晴れ。しかし昨日に比べれば幾分肌寒い。この感覚が五月下旬として普通のことなのかどうかの判断がつかない。記憶を辿ってもヒントが見つからない。この時期の温度を感じるということを経験として体や脳みそにきざみこめていないのだろう。

 仕事。某案件の企画書。午後からは別の案件の企画書に取り組む。

 妻は個展会場「猫の額」へ。帰宅してから聞いたが、今日は大入りだったそうだ。

 夕食は中村屋レトルトカレーとレトルトハヤシが賞味期限ギリギリになっていたので食べた。夜はなるべく炭水化物を取らないことにしているのだが、レトルトカレーはさすがにコメがないときつい。

 

新宿中村屋 インドカリースパイシーチキン 200g×5個

新宿中村屋 インドカリースパイシーチキン 200g×5個

 

 

 

 松浦寿輝「人外」(7)(「群像」2018年6月号掲載)。ループ化する虚構の理想的世界から抜け出した人外は、かつて司書だった女性と出会う。違い、うつろい、むごさ、そして「選ぶ」ということ…人外は人外をかたちづくるさまざまな「わたし」として、さまざまなことに思いをはせる。「わたしたち」のモノローグ、とても気に入った。

 

群像 2018年 06 月号 [雑誌]

群像 2018年 06 月号 [雑誌]

 

 

 

名誉と恍惚

名誉と恍惚

 
半島 (文春文庫)

半島 (文春文庫)

 

 

amzn.to