わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

眠る細い人

 五時四十五分起床。左上奥歯のあたりの歯ぐきが腫れている。軽く頭痛もする。疲れていると、こうなることが多い。かまわず身支度、そして仕事。

 晴れ。昼間に外へ出ると、ミケランジェロの絵のようにメリハリの強い印影の入道雲が立ち上っていた。夏だ。

 昼食はパン。

 夕方、某ゴルフメーカーの案件のために、近所の大型ゴルフ用品店を視察、のついでにウォーキング。50分くらいは歩いたか。ゴルフ店は雑然としていたなあ。大学生の頃にバイトしていたスポーツ用品店とおなじ雰囲気だ。スポーツ店の専務は「スポーツショップは雑然としていないと売れない」と言っていたのを思い出した。ただし、それは今から三十年近く前、バブルが弾ける直前のころの話だ。

 夕食はお刺身。西荻のお魚屋さんおすすめのメバル。うまし。

 夜は状況が比較的落ち着いたので、長風呂したり、猫とおいかけっこしたり。

 

▼妻の膝の上で眠る細い人。

f:id:catkicker001:20180524233644j:plain

 

 読書は「週刊モーニング」だけ。相変わらず凡田はボロボロラッキー状態。