わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

うずかぬように

 五時四十五分起床。昨日処置した歯ぐき、まだ出血がつづいている。

 朝から外出。総武線の遅延にひやひやしながら飯田橋へ。某案件で得意先を訪問。なんとか間に合った。

 後楽園で昼食をとってから、小石川で本日二本目の打ち合わせ。午前中は通販関連だったが、午後はアート系。このころには、もう出血は止まっていたようだ。

 池袋のジュンク堂で資料探しをしてから帰宅。そして作業。

 「探検バクモン」を見ながら昼食。ファッション・服飾の専門学校を取材。愛する山本耀司の母校だ。

 食後はスローペースで筋トレ。激しくやると傷口がうずく。

 

 読書は佐藤洋二郎「光」(「群像」2018年7月号掲載)をようやく読了。高齢者の生命賛歌、というより、生存讃歌、かな。

 

 

群像 2018年 07 月号 [雑誌]

群像 2018年 07 月号 [雑誌]

 

 

 

沈黙の神々

沈黙の神々

 
沈黙の神々〈2〉

沈黙の神々〈2〉

 
猫の喪中

猫の喪中

 
夏至祭 (講談社文庫)

夏至祭 (講談社文庫)