わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

戦争のこと

 六時二十分起床。降ったり止んだりを繰り返す気まぐれな雨。

 午後は雨がやんだようなので妻と吉祥寺へ。猫のゴハンやら人のゴハンやら。

 夕食は吉祥寺ロンロンで買ったちらし寿司。食べながらEテレ日曜美術館」(の再放送)。「遺(のこ)された青春の大作~戦没画学生・久保克彦の挑戦」。戦中にこんなに優れた画家(この方をあまりデザイナーとは呼びたくない)がいたとは。戦争は優れた才能を簡単につぶしてしまう…。

 

f:id:catkicker001:20180902233105p:plain

www4.nhk.or.jp

 

 

 

《図案対象》を読む―夭折のアヴァンギャルド画家、久保克彦とその時代
 

 

 その後は、流れでドラマ「この世界の片隅に」。 舞台や時代背景、そしておおまかなストーリーは原作とおなじだけれど、世界観が違うのかな。

 

 読書は奥泉光『雪の階』を再開。ナゾのドイツ人音楽家、オカルト、そしてナチス。この文体は、横溝正史あたりを意識しているのかな? 推理小説はほとんど読まないのでよくわからないのだけれど、硬質だが微かに崩れた文体が心地よい。

 

 

雪の階 (単行本)

雪の階 (単行本)

 

 

 

東京自叙伝 (集英社文庫)

東京自叙伝 (集英社文庫)

 

 

 

ビビビ・ビ・バップ

ビビビ・ビ・バップ

 

 

 

▼猫用の茶わんを買ってあげた。イマドキのシャムは顔が細いから、大きくて深い茶わんだと食べにくいらしい。

f:id:catkicker001:20180902233540j:plain

f:id:catkicker001:20180805232639j:plain

 

▼先代シャムは顔が丸い。そして茶わんの使い方を間違えがち。この写真は晩年。

f:id:catkicker001:20180902233636j:plain