わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

千切れ千切れ

 五時四十五分起床。明け方まで雨が降っていたらしい。台風一過。路面には細かなゴミや木の枝葉が散っているが、この程度で済んでいることに感謝すべき。被害を受けた方、お見舞い申し上げます。

 仕事。部屋の中も暑い。

 夕方、一時間ほどウォーキング。夕方になるとずいぶん涼しくなる。そして秋の虫の声。千切れ千切れの雲がひとつずつオレンジ色に染まっていく。

 

 読書は奥泉光『雪の階』。主人公の親友が他界。どんどんわけがわからなくなってきた。そして一気にミステリー色が濃くなった。

 

 

雪の階 (単行本)

雪の階 (単行本)

 

 

東京自叙伝 (集英社文庫)

東京自叙伝 (集英社文庫)

 

 

ビビビ・ビ・バップ

ビビビ・ビ・バップ