わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

松浦寿輝「人外」(最終回)読了

「群像」2018年11月号掲載の連載小説。ついに最終回。

 今号で、ついに猫のようないたちのようなラッコのような姿をしているらしい四つ足の謎の生きものであり、木の股から生まれた多くの人間たち(「わたしたち」)の意識の集合体のような存在であり、長くパンデミックが起きたらしい近未来?を彷徨っていた人外は、その旅を終える。

 少しずつ言葉を失っていく姿。そして最後の言葉が消えていったあとに、入れ替わるように作品世界に鳴り響く音楽。この謎の動物には一切感情移入はしなかったのだけれど、それでも、言葉を手離した知性を持つ命の最後の瞬間を、こんなにも美しく、はかなく、悲しく、それでいて、わずかではあるけれど希望も感じさせるかたちで描けるなんて。

 本作は通読すべきだと思う。単行本、早く出て欲しいなあ。

 

群像 2018年 11 月号 [雑誌]

群像 2018年 11 月号 [雑誌]

 

 

松浦寿輝の作品はこちら。

f:id:catkicker001:20181008230347p:plain

 

全作品を読んでいるわけではないけれど、これが一番気に入っている。

半島 (文春文庫)

半島 (文春文庫)