わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

鴨、続々

 五時四十五分起床。巨大な浴場のような医療施設のような場所にいる夢を見た。だがそこで何をしたのかはさっぱり思い出せない。おもしろかったという感情だけが残っている。目覚めてすぐメモを取ろうとしても、浴場、医療施設、それ以上のことが書けない。

 九時三十分過ぎ、外出。渡り鳥たちが続々と善福寺川にたどり着いている。といっても、オナガガモコガモくらいなのだが。時折、キンクロハジロハシビロガモも見かけるけれど。

 十時三十分、新宿へ。某クライアントに訪問し打ち合わせ。

 昼食後、今度は後楽園にて別のクライアントの打ち合わせ。午前の案件と午後の案件、役回りがまったく違う。

 夕方から書斎で作業。忙しいのだけれど、マイペースにこなしている。妻は、葵がベタベタしたりちょっかい出してきたりするからマイペースにならざるを得ないようだ。猫飼いの宿命だね。

 

▼妻のツイート。

 

 ▼再掲。

f:id:catkicker001:20180915093615j:plain