わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

 六時三十分起床→コジコジのカゴを分解して掃除→掃除→食事を取らず妻と高円寺の河北病院健診センターへ→受付→着替え→問診と血圧→いろいろ検査→バリウムin→終了→母から電話→野菜送ったって→外に出たらちょうど高円寺フェスの真っ最中→舞台で阿波踊りやってる→上島珈琲でサンドイッチ→すこし余計に時間がかかった妻と合流→花を購入→高円寺新名物のカステラも購入→西荻へ→愛猫が亡くなったMさんちへ→お花とカステラを渡して亡くなったSちゃんにお別れの挨拶→お弁当買って帰宅→バリウムout→もぐもぐ→水グビグビ→少し仮眠→仕事→時折水グビグビ→時折バリウムout→コーヒーとカステラ→仕事→野菜届いた→両親がつくった空心菜と豚肉炒めて夕食→少しバリウムout→エアロバイク→風呂→浸かりながら奥泉光『雪の階』→場面転換、というより場面構成が複雑で技巧的なのにすんなり読めるよ→磯山さやかのビジネス訛り→そろそろ寝ます。

 

 

雪の階 (単行本)

雪の階 (単行本)

 

 

 

東京自叙伝 (集英社文庫)

東京自叙伝 (集英社文庫)

 

 

▼奥泉光の作品はこちら。『ビビビ・ビ・バップ』は面白かった。でも一番好きなのは『浪漫的な行軍の記録』かな。

f:id:catkicker001:20181017233148p:plain