わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

夕闇、黄昏時にニヤニヤと

 五時三十分起床。早く目覚めてしまったが、もたもたしていたらあっという間に六時を回った。外はまだ薄暗い。

 仕事。某案件の企画書。書くべき要素はわかっているのに、それを順序よく並べることができない。しばし悩む。

 夕方、ウォーキングへ。3.7kmを30分少々。花々が姿を隠し、咲いていても、夕闇に簡単に紛れてしまう。商店のネオンや街灯はそれなりに明るいというのに。その代わりに、ミカンの仲間や柿などがよく目に付くようになった。歩きながら、ラジコのタイムフリーで「伊集院光とらじおと」を聞く。伊集院の、柴田理恵との初対面の時のエピソードで笑ってしまった。黄昏時にイヤホンしてニヤつくアラフィフ。すれちがった人は、さぞかし気味が悪かったろう。

 

のはなし にぶんのいち~イヌの巻~ (宝島社文庫 C い 6-1)

のはなし にぶんのいち~イヌの巻~ (宝島社文庫 C い 6-1)

 
のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (宝島社文庫 C い 6-2)

のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (宝島社文庫 C い 6-2)

 

 

 

 読書は「週刊モーニング」だけ。「グラゼニ」の凡田の息子の迷子話、ラストがすごく怖い。

 

グラゼニ~パ・リーグ編~(2) (モーニング KC)

グラゼニ~パ・リーグ編~(2) (モーニング KC)