わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

反応しない/破壊

 五時四十五分起床。曇天。微かに雨が降った気配が外廊下に残っている。葵は早朝から全速力で家中を駆けずり回っている。そしてぼくが朝食をとりはじめたタイミングでウンコした。

 仕事。某ゴルフ案件の企画書をメールで送付してから、別の案件の企画書。こちらも見直して送るだけの予定だったが、ふと思い立ち、1ページ付け足すことにした。

 午後、後楽園へ。某案件の打ち合わせ。途中、駅の自販機で水を買おうとしたのだが、Suicaが何度トライしてもまったく反応しない。だが、自動改札は問題なく通れた。しかし改札を出たところにある自販機では、問題なく買えた。なんだったのだろう、あれは。

 終了後、池袋に立ち寄り西武百貨店メゾンカイザーでパンを買ってから帰宅。これは明日の昼食用。

 戻ってからは、あれこれ慌ただしく作業しているうちに夜になった。葵がまた挑発してくる。よく遊ぶ猫だ。ま、若いから当たり前なのだけれど。

 

▼猫の歯磨き用に、とヘチマでできているおもちゃを破壊中。

f:id:catkicker001:20181112231455j:plain