わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

多和田葉子「星に仄めかされて」(1)

「群像」2019年1月号掲載。言葉と人間存在の本質に大変化球で迫った大傑作『地球にちりばめられて』の第二章という位置づけらしい。

 病院の半地下でお皿の下洗いの仕事をするムンンとヴィタのところに突然やって来た(というか迷いこんできた)男の名は、Susanoo。『地球にちりばめられて』にも同じ名の男が登場するが…。

 多和田葉子は、今最も先鋭的な言葉を使え、最も独創的な世界を構築できる小説家なんじゃないかな。

 

 

群像 2019年 01 月号 [雑誌]

群像 2019年 01 月号 [雑誌]

 

 

 

献灯使 (講談社文庫)

献灯使 (講談社文庫)

 

 

 

地球にちりばめられて

地球にちりばめられて

 

 

▼多和田葉子の作品はこちら。 『献灯使』もすばらしかったなあ。

f:id:catkicker001:20181224232755p:plain