わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

妙に腹が

 五時四十五分起床。今朝は特に寒い。布団の中に入っていても寒い。

 九時、喘息の検診のために内科医へ。最近痰が絡みやすいと言ったら薬を出してくれた。

 午後は銀座へ。なんとかモノにできればいいのだが。久々にNさん、Hさんと再会。お二人とも元気そう。某代理店で相談を受ける。Hさんは、「丸出だめ夫」の森田拳次さんと仕事して以来だな。無類のマンガ好きの方。

 時間が少し空いたので、銀座の東急プラザをぶらついてみた。特に欲しいものはなかったなあ。

 続いて後楽園へ。新規案件の打ち合わせを二時間ほど。最後に、別の打ち合わせを十分だけ。

 妙に腹が減る一日だった。

 

 読書は、届いたばかりの「群像」2019年2月号にざっと目を通した程度。そして佐伯一麦の短篇を読みはじめた。

 

群像 2019年 01 月号 [雑誌]

群像 2019年 01 月号 [雑誌]