わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

未完成の習慣

 

 五時二十分、葵に起こされる。朝の妙な習慣ができつつあるようだが、できれば完成してほしくない。少し遊んであげたらどこかに消えたが、五時四十五分、きちんと起床するとふたたびどこからともなく音もなく現れ、その後しばらく、書斎のコピー機の上でずっと寝ていた。コピー機のてっぺんにはブランケットを敷いてある。これが目的なのだろう。猫らしい表情で、大人しく寝ている。

 寒い。夜には雪が降るが、日中はどんより曇ってはいるものの、なんとかなるという予報だ。嘘じゃないのか、と訝りながら、十一時、外出。事務処理のために銀行を二軒ほどまわり、資料を受け取るために図書館にも寄った。

 午後は書斎でデスクに張り付くようにして作業。某パンフレットの構成を延々と考えつづけた。

 

 読書は「週刊モーニング」だけ。「CITY」が大暴走中だ。

 

 

GIANT KILLING(49) (モーニング KC)

GIANT KILLING(49) (モーニング KC)

 
GIANT KILLING(50) (モーニング KC)

GIANT KILLING(50) (モーニング KC)

 
グラゼニ~パ・リーグ編~(3) (モーニング KC)

グラゼニ~パ・リーグ編~(3) (モーニング KC)

 
CITY(6) (モーニング KC)

CITY(6) (モーニング KC)