わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

東西狂言の会

 六時二十分起床。晴れ。天気がいいせいか、インコのコジコジの機嫌がよい。

 掃除を済ませてから妻と外出。西荻窪のヌーヴェルシモアの小さな名店「まつもと」で昼食。西荻窪の中華ではここがいちばん好きだ。海鮮あんかけ焼きそば、くるみ担々麺、魯肉飯。くるみ担々麺、くるみの風味が活かされていておもしろい味に仕上がっていた。軽快なのに深みのある味付け。いわゆる中華の濃い感覚がない。うまし。

tabelog.com

f:id:catkicker001:20190413121700j:plain

f:id:catkicker001:20190413121702j:plain

f:id:catkicker001:20190413121726j:plain

 

 三鷹へ。毎年楽しみにしている、野村家・茂山家共演の「東西狂言の会」を観る。もちろん野村萬斎さんも出演。会場の「三鷹市公会堂 光のホール」の近辺は桜の名所。もちろん葉桜になっていたが、それでも美しかった。

  • 止動方角…主人の理不尽の言いつけに腹を立てた太郎冠者の反撃。狂言に出てくる馬の、なんとマヌケなことか。でも、いつの間にか「まぬけだなあ」という感想が消える。
  • 魚説法…ダジャレです。
  • 貰聟(もらいむこ)…酒癖の悪い婿と舅がケンカして、舅がスネる話。

mitaka-sportsandculture.or.jp

f:id:catkicker001:20190413133706j:plain

 終了後は吉祥寺まで歩き、少し買い物してから帰宅。井の頭公園は新緑、そして人人人。