わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

いつもの感覚へ

 五時三十分起床。いつもより倦怠感のある目覚めではあるが、昨夜の妙な眩暈などは消えている。ひとまず入浴。身支度を進めるうちに、いつもの感覚に戻っていった。

 外出。晴れ渡る空、初夏のような日差し。早歩きすると、たちまち汗ばむ。藤の花が咲きはじめている。足元のほうに目を移すと、ハナニラタンポポ、チューリップ、パンジーの類。桜は、路面に散り積もる花びらのほうが、梢に咲き残る分より圧倒的に多い。

 打ち合わせ終了後、荻窪ルミネの「洋食亭ブラームス」でオムライスを食べてから帰社/帰宅。某案件の企画を進める。

 

 読書は奥泉光『雪の階』を少しだけ。

 

f:id:catkicker001:20190416141911j:plain

https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13006951/