わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

科学的で王道

 六時起床。昨夜の15kmランニングの疲労を軽く引きずっている。少しスピードを出しすぎていたか。

 午前中はせっせと掃除。先日メルカリに出品していおいた、使わなくなったメルクールの両刃カミソリを出品していたのだが、無事に売却できたので発送する。いいのだけれど、時間がかかるんだよね、これ。肌が切れちゃうこともあるし。肌の弱いぼくには合わない。

 メルカリを発送しに外出したついでに荻窪ルミネの「ガーデンハウス」というベーカリー兼カフェまで足を伸ばし、サンドイッチを買って帰宅。妻と二人で食べた。1個500円もしたが、それだけの価値がある。軽くスパイスをきかせていて、使っているチーズやオリーブなどの質も高そうだ。

 今日も完全オフと決め込んでいるので、午後は加入しているのにほとんど動画視聴には使っていないAmazon Primeで映画を観ることに。そういえば「スター・トレック」のシリーズって子どもの頃から(いや、もっと前からだね)やっていたけれど、なんか左右対称の宇宙船のカタチとかスポックの耳がとんがっているところとかが好きになれなくて見ていなかったのだが、J.J.エイブラムスが監督した作品はちょっとよさそうだったような、ということで、食わず嫌い克服のために見てみたのだが、エンターテインメントとしておもしろすぎて驚いた。スターウォーズの世界にはスピリチュアルな精神論や宗教性みたいなものが満ちているけれど、こっちはかなり科学的で、SFって本来こういうものなんだよなあ、王道ってコレのことかも、などと思いつつ、「スター・トレック」と「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の二本を立てつづけに見た。連休中に、もう一本ある「スター・トレック ビヨンド」も見るつもりだ。

 雷が激しく鳴っていたようだが、映画に夢中で今ひとつよくわかっていない。

 

 夜はランニングへ。雨上がりの善福寺川沿いを7km。今日はランナーが多めだったな。猫も多かった。

 

 読書は片岡義男「窓の外を見てください」(「群像」2019年5月号掲載)を少しだけ。