わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

食うときゃ食う、とことん食う

 今日も五時四十分起床。午前中はマンションの管理組合の総会と共用部分の清掃。午後はその議事録づくりなどの事務処理に追われた。

 

 読書は「群像」2019年6月号に掲載されている松浦寿輝吉増剛造の対談「魂の身ぶり、言語の動き」。「群像」に連載されてぼくも愛読していた『人外』の単行本出版記念対談。吉増のこの作品に対する評価の高さがすさまじい。そして言語表現について語る際の吉増の感覚の鋭さ、よくわからない感覚を言語化する能力の高さに驚いた。現代を代表する詩人なのだから当たり前なのだろうけれど。物語を切り離したところで、言語の表現としての機能にフォーカスをあて、意味のレベルを超えた感覚的なレベルでそれを楽しみ、吸収しようとしている。好き嫌いは激しそうだが食うときゃ食う、とことん食う、という感じかな。

 

群像 2019年 06 月号 [雑誌]

群像 2019年 06 月号 [雑誌]

 

 

 

人外

人外

 

 

 

幽 花腐し (講談社文芸文庫)

幽 花腐し (講談社文芸文庫)

 

 

 

名誉と恍惚

名誉と恍惚

 

 

 

川の光

川の光

 

 

 

吉増剛造詩集 (ハルキ文庫)

吉増剛造詩集 (ハルキ文庫)

 
火ノ刺繡

火ノ刺繡

 
怪物君

怪物君