わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

ワンワンワンワン(犬ではない)

 五時四十分起床。雨は止んだようだ。いつもと同じペースで淡々と朝の身支度やら動物たちの世話やらをこなす。

 仕事を開始してから、いや、実は昨日あたりからなのだが、久々に耳鳴りが再発している。軽い頭痛を伴っていたり、ワンワンワンワンと妙に音が響いて聞こえたり、とちょっとおかしな状態。酷い状態の時は、自分の呼吸音や、キーボードを叩く音がが頭のなかで反響する。耳の穴が大きくなって、いつもより音がダイレクトに頭に届く感じ、とでも言おうか。あきらかにおかしいのでネットで検索してみたが、耳管開放症というのが近いようだ。もちろん素人の判断だからアテにはならないが。あまりにつづくようなら、耳鼻科にいかなあかんかな。

 

 夜は症状が落ち着いたので、読書できた。奥泉光『雪の階』。え、ボーイズラブ

 

雪の階 (単行本)

雪の階 (単行本)

 
ビビビ・ビ・バップ (講談社文庫)

ビビビ・ビ・バップ (講談社文庫)

 
東京自叙伝 (集英社文庫)

東京自叙伝 (集英社文庫)

 
鳥類学者のファンタジア (集英社文庫)

鳥類学者のファンタジア (集英社文庫)