わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

計算と吟遊詩人と夜のイタチと

 今朝も五時四十分起床。スマホの睡眠管理アプリによると、いつもより浅い睡眠の時間が長いらしい。頭がボーッとして、しばらく動けず。

 仕事。朝イチで某案件の構成案を送付し、その後は事務処理。ひたすら計算だ。その後は銀行へ。さらに計算を重ねることになる。荻窪のベーカリー「吟遊詩人」でパンドミ、ドライトマトのパン、ブルーベリーマフィン無印良品で下着の方のパンツ。

 吟遊詩人のパンで昼食。ここは国産小麦を使っているからだろうか、生地の味がしっかりしている気がする。

 午後は某案件の対応のためにスタンバイしていたのだが、結局具体的な指示が来なかった。意志決定が遅れているらしい。

 夜はランニングへ。善福寺川沿いの遊歩道で猫を見かけたので、走りながら「ねこー」と声をかけたが、すぐさま「じゃないな、おまえ」と言葉をつないだ。猫にしては顔が細く、耳が小さく、体が長い。にょろっとしている。イタチだ。ひさしぶりにみたな。

 

 読書は今日も黒川創「覚えていること」(「新潮」2019年7月号掲載)。ゾルゲが登場。歴史の流れとその背景をより詳しく知っていると、さらに面白く読めるのかもしれない。だが、ぼくの知識レベルでは少々重たさを感じる。

 

新潮 2019年 07月号

新潮 2019年 07月号