わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

降られる

 五時四十五分起床。海の日だが気温はさほど上がらず朝はいかにも梅雨らしい雨足の弱い雨が降り、およそ夏らしくない。だが雨は午前中のうちにやみ、空は雲に覆われてはいるが、その雲越しに陽の光を微かに感じるくらいには回復した。だが、十五時ごろからランニングに出かけた際に途中で軽く降られてしまった。

 夕方は走り足りない分をウォーキングでカバー。この時も、5分くらいだったが、微かに降られた。

 

 佐々木敦全体論と有限 ーひとつの「小説」論ー(9)」を読む。エイリアンとのコンタクトを描いたハリウッド映画「メッセージ」(原題「Arrival」)の原作『あなたの人生の物語』(テッド・チャン)におけるエイリアンの言語理解と時間把握の描写から、「神」の視点・世界認識について考察されている。おもしろかったので「メッセージ」を見てみた。映像化するがゆえに描ききれない部分が多いのだろうなあ、と推察。原作のほうが面白いのかもしれない。

 

群像 2019年 08 月号 [雑誌]

群像 2019年 08 月号 [雑誌]

 

 

 

新しい小説のために

新しい小説のために

 
ニッポンの思想 (講談社現代新書)

ニッポンの思想 (講談社現代新書)

 
ニッポンの音楽 (講談社現代新書)

ニッポンの音楽 (講談社現代新書)

 
ニッポンの文学 (講談社現代新書)

ニッポンの文学 (講談社現代新書)

 

 

 

 

 

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語