わたしが猫に蹴っとばされる理由

文学・哲学・思想の読書日記が中心ですが、雑食系なのでいろいろ取り上げてます。猫もいるよ♡

今年もさんまは高いらしい

 五時三十分起床。残暑の厳しい一日。汗を拭いた回数を数えたら、どれくらいになるのだろう。そんな面倒なこと、絶対に試さないけど。

 朝イチから某案件の企画を進める。十一時に早めの昼食をとり、外出。荻窪駅までの道のりが、暑い。日陰がほとんどないのだ。銀行で一息つき、納税やら何やらと事務処理を済ませてから後楽園へ。別の案件の打ち合わせ。終了後、池袋西武のメゾンカイザーに寄ってから帰宅。帰り道もまた暑い。帰宅後シャワーを浴びたら、猛烈な睡魔に襲われた。

 夕食はさんまの竜田揚げを食べた。今年もさんまは高いらしい。だが、一度は塩焼きを食べたいものだ。

 

 読書は田中和生叙事詩としての近代小説」(「群像」2019年9月号掲載)。太宰「斜陽」の叙事詩性、つづき。そして「人間失格」、加藤典洋の『太宰と井伏』。

 

群像 2019年 09 月号 [雑誌]

 

 

あの戦場を越えて ―日本現代文学論

あの戦場を越えて ―日本現代文学論

 

 

 

斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇 (文春文庫)

斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇 (文春文庫)

 

 

 

 

完本 太宰と井伏 ふたつの戦後 (講談社文芸文庫)